ホーム > 企業の社会的責任 > バリューチェーン
バリューチェーン

サプライチェーン・マネジメント

WNCはサプライヤーマネジメントを社会的責任を果たす行動の一つとみて取り組んでおります。持続的にサプライヤーに品質・納期・サービス・価格面など総合的な向上を要求するほか、顧客の求めているグリーンプロダクトの指示をサプライヤーの受け入れ検査と監査の工程に取り入れ、リソース管理をしっかりと行い、P-D-C-A(Plan-Do-Check-Action)で継続的な改善サイクルを実施します。責任ある企業同盟(Responsible Business Alliance,RBA;旧称「電子業界行動規範」)の行動規範に従い, WNCサプライヤー行動規範を策定し, サプライヤー社会的責任監査アクションプラン(以下サプライヤーCSR監査)を実施しています。

サプライヤーの行動規範
PDF

 

WNCは紛争鉱物を不使用

  • すべての製品にコンゴ民主共和国とその周辺地域での非合法の鉱区、または劣悪な労働環境で産出された鉱物を使用しません。
  • サプライヤーに紛争鉱物の使用を拒否し、また使用されている錫石(Sn)、ブラックタングステン(W)、タンタル(Ta)、及び金(Au)の産出先を明示させます。
  • サプライヤーに上記の方針を上流のサプライヤーやサプライヤーチェーンに伝えさせます。
紛争鉱物の不使用宣言書
PDF

 

CSR監査


 

カスタマー•パートナーシップ

「顧客指向」はWNCのコアバリューであり、私たちはお客様に最高品質のサービスを提供することに取り組んでいます。WNCは品質保証本部の下にカスタマーサービス部があり、お客様よりアフターサービスに関する問題、初期不良の交換(Dead on Arrival,DOA)、返品保証(Return of Materials Authorization,RMA)、修理部品の販売、クレーム対応とフィードバック、そして毎年顧客の満足度を調査しております。各事業本部にも品質保証・研究開発・材料と製造など各関連部門が担当窓口を設けて、異なるクライアントを担当しています。プロジェクトのニーズにより、各事業部とクライアントで毎週・毎月・毎四半期と定期的に意思疎通の会議を行い、製品開発進捗度と各項目達成率の確認を行います。また各事業部は毎四半期にクライアントとサプライヤー業務検討会議を手配し、クライアントと直接やりとりを行い、信頼関係を強化します。
 

請負業者の労働安全衛生マネジメント

請負業者の作業員、社員の安全と工場エリアでの安全を維持するため、WNCは労働安全衛生法令を原則とし,請負業者の労働安全衛生マネジメントの手順を制定,当社の責任部署と請負業者の責任部分を明確にし、そして注意すべき関連事項を定めております。

 

Top